新潟ケンオー不動産株式会社 > 新潟ケンオー不動産株式会社のスタッフブログ記事一覧 > インスペクションとは?不動産売却時の実施でメリットも

インスペクションとは?不動産売却時の実施でメリットも

インスペクションとは?不動産売却時の実施でメリットも

「インスペクション」という言葉をご存じですか?
インスペクションは不動産売却をする際にうまく活用できればメリットも多いので、不動産売却を検討している方であれば知識として学んでおくことをおすすめします。
そこで今回は、インスペクションとは何なのかについて、内容や方法、そして全体の流れに関してもご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却時にインスペクションは必要?その調査内容や方法とは

「インスペクション」とは直訳すると「調査」や「視察」のこと指し、不動産業界では「既存物件の状態を調査すること」を意味する言葉です。
インスペクションを実施すれば物件の状況を明確に提示できるため、不動産売却の際に取り入れる方が増えています。
一般企業が独自でおこなっている「住宅診断」などのサービスもありますが、ここでは「宅地建物取引業法」によって定められた、「既存住宅状況調査技術者講習」を修了した建築士によるインスペクションについてご説明していきましょう。
ちなみに既存の住宅のみが調査対象で、築1年未満の住宅や未使用物件、そして店舗やオフィスなどは調査対象外です。
調査する内容は、主に構造耐力における主要部分と、雨水などの侵入を左右する部分。
戸建てかマンションかでも異なりますが、基礎、土台、柱、壁、屋根、排水管などです。
調査は国が規定した「既存住宅状況調査方法基準」に沿って進められ、目視を中心に、計測機器を使用した計測や動作確認などをおこないます。
これらの調査をすることで、その住居が傾いていないか、また雨漏りやシロアリなどの被害がないかなどを調査するのです。
ただし、室内の浴室乾燥機やインターホンといった設備は調査対象外であり、またインスペクションとは目視中心の調査であるため、その住居の欠陥を完璧に探し当てるというものではないことを理解しておきましょう。

不動産売却を決めてからインスペクションをおこなうまでの流れとは

一般的にインスペクションは、不動産売却の仲介を依頼している不動産会社を通しておこないます。
そのため、まずは不動産売却を依頼する不動産会社を選び、媒介契約を締結しましょう。
基本的には媒介契約の際にインスペクションの実施について説明を受けるので、希望する場合はその旨を伝えます。
不動産会社からインスペクション専門家の紹介を受けて、実施へといたる流れです。
また、インスペクションの結果は「合格」「不合格」で伝えられます。
不合格になってしまったら、売却前に実費で修繕工事をするか、不合格の状況を提示したうえで価格を見直して売却するか選択しましょう。

まとめ

インスペクションは義務付けられているものではありませんが、実施することによって売り主、買い主の双方が安心して取り引きを進められます。
売り主にとっては、不動産の品質を保証するアピールポイントにもなりますよね。
不動産売却の際には、一度検討してみてはいかがでしょうか。
私たち新潟ケンオー不動産株式会社は、新潟市 新発田市 三条市 加茂市 燕市などの不動産物件を幅広く取り扱っております。
土地・戸建て・マンションなど、あらゆるニーズに対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|マイホーム購入の強い味方フラット35とは?利用するメリット・デメリット   記事一覧   マイホーム購入の強い味方フラット35とは?利用するメリット・デメリット|次へ ≫

トップへ戻る